Technologies to code on lids

 

広範な領域や複数面に対する高解像度・高速の印字

 
お客様の課題
 
ヨーグルトやデザートなど、カップに入れられた製品は、金属が蒸着されたポリエステル製フィルムのフタでヒートシールされていることが多く、外部からの異物混入を安全に防ぐことができます。こうしたタイプの製品はパックになっていることが多く、複数個入りの場合もあります。このため、複数の印字領域と広範な表面に対して高解像度の印字を行う必要があります。
マーケム・イマージュのソリューション
 
金属を蒸着したプラスチックフィルムには様々なグレードがあります。一般的には片面のみがアルミコーティングされているため、プラスチックフィルム製のフタの種類によっては、異なる印字ソリューションが適している場合があります。
 
一度に複数の領域をコーディング可能な SmartLase C350 HDおよびC350 HD+レーザーマーカーは、最大500 x 500 mmの印字領域をサポートし、複数のホイル製のフタを一度にコーディングできるため、コスト効率に優れた高速の生産が可能です。
 
高速で高コントラストの印字用途には、連続式インクジェット(CIJ)ソリューションも提供しています。CIJ製品には、設置が用意で日常のオペレーションを最適化するように設計された9029から、最大限のアップタイムでお客様のOEE(総合設備効率)を改善する9450まで、幅広いラインナップを取り揃えています。 
 

 

 

close
keyboard_arrow_up
Quick Access Tools