Technologies to code on glass

 

食料品・飲料業界向け専用に開発されたインクと100%読取可能なコードにより、製品のトレーサビリティを保証します。

 

お客様の課題
 
ガラスへのコーディングアプリケーションとしては、食品、飲料、化粧品などの容器への印字が挙げられます。これらの製品の容器にガラスびんが多用されるのは、ガラスの持つ優れた保護機能、製品のブランディング、そして品質の維持が目的です。このような製品のコーディングに使用されるインクは、安全や衛生上のガイドラインを満たす必要があります。さらに、リターナブルびんへの印字に適したアルカリ性洗浄剤への可溶性など、特殊な追加要件が発生する場合もあります。
マーケム・イマージュの豊富な製品
 
レーザーマーカーSmartLase C350は、インクが不要で運用コストを削減します。レーザーマーカーは、ガラスへの半永久的に消えない鮮明なコーディングが可能で、高速な生産ラインにおけるブランド品のウォッカなどの偽造防止対策に最適です。
 
超高速の小文字用インクジェットプリンター9450 Sは、飲料向け専用に設計されています。1時間に12万個の容器やパックに2行のコードを印字することができ、衛生的なステンレス製の筐体は定期的な洗浄を容易に行うことができます。
 
食品容器への印字に使用されるインクは、食品に直接触れることはないとはいえMEK (ケトン) フリーなどの安全性が求められます。また、リターナブルガラスびん用には、返却されるまで100%読み取り可能な状態を維持すると同時に、アルカリ性洗浄剤に高い可溶性があり、再充填の際にはコードを消去して新しいコードを印字可能な特殊なインクが不可欠です。こうした特殊なニーズに対応するため、独自の白インクをはじめ、さまざまな色のガラスびんに最適なインクを豊富に揃えています。
 

 

 

お客様の声

Sanpellegrino | イタリアらしい方法論に応える

Sanpellegrinoにとっては、製品の優れた品質と消費者の安全を担保することが重要です。イタリア最大の飲料メーカーの生産設備で、マーケム・イマージュのコーディングソリューションがどのように役立っているかご説明します。

 

マーケム・イマージュのガラスへのコーディングソリューションに対するお客様の声

 

close
keyboard_arrow_up
Quick Access Tools