飲料のあらゆるパッケージングレベルでコーディングを最適化するには?

 

How to optimize beverage coding at all packaging levels?

飲料のあらゆるパッケージングレベルでコーディングを最適化

飲料業界は、新しい飲料の流行や消費者の嗜好の変化によって世界的な成長が続いています。飲料には多様な容器があり、幅広い資材が使用されコーディングも一般的に高速で実行されています。ますます厳格化する法規制やコンプライアンスのフレームワークによって、トレーサビリティとフィスカルマークの表示が求められています。

製造業の企業は、生産ラインのさらなる統合や完全自動化された「ダークファクトリー」の推進を通じて、リワークの抑制とリソースの有効活用を実現して生産性と収益を最大化しようとしています。

生産工程や市場における課題を解決するためには、アプリケーションに最適なコーディングテクノロジーの選択が不可欠です。

 

 

 

 

飲料容器へのコーディング最適化について詳しくご紹介するケーススタディを是非お読み下さい

 

お客様の声

Exhibit ‘A’ | 人と人との繋がりに基づくパートナーシップ

地ビール醸造所は小規模ですが、製品製造については非常に真剣です。Exhibit ‘A’ Brewing Companyがその印字ニーズに対応するためにマーケム・イマージュを選択した理由。それは、品質にこだわるマーケム・イマージュの情熱でした。

お客様の声

Kingsland | ブドウの木からラベルまで

ワインやスピリッツを生産する英国の独立系メーカーであるKingsland Winesは、精度、柔軟性、効率性に対する要件に応えることのできるマーケム・イマージュの2200プリント&アプライシステムを採用しました。

お客様の声

Sanpellegrino | イタリアらしい方法論に応える

Sanpellegrinoにとっては、製品の優れた品質と消費者の安全を担保することが重要です。イタリア最大の飲料メーカーの生産設備で、マーケム・イマージュのコーディングソリューションがどのように役立っているかご説明します。

お客様の声

Gruppo Sada | 印字エラーのない100万を超えるコーディング

Gruppo Sadaは、マーケム・イマージュとのパートナーシップを通じて、コンテストの賞品用の箱にプロモーションコーディングを行いたいというBirra Peroniのニーズに応えています。
close
keyboard_arrow_up
Quick Access Tools