GS1-128バーコードは業界標準の規格になるのでしょうか?

 

GS1-128 barcodes

GS1-128識別子(Identification)は、他のバーコードに比べてロット番号や使用期限をはじめとする様々な情報をバーコードで表示できるため、サプライチェーンのトレーサビリティと効率が向上します。

そのため、パレットへのスプリット積みや自動化を通じて製品の安全性の問題に迅速に対応し、収益を改善したいと考えている小売業者や卸売業者、フードサービスなどの事業者の関心が極めて高くなっています。

「GS1-128バーコードは1989年に登場しました。しかし、今日の関心の高まりは、問題発生時のトレーサビリティや対応のスピードに関して、政府や消費者グループからのプレッシャーや期待が強くなったことが要因だと言えます」と、 マーケム・イマージュのエンジニアリング・マネージャー、Steven Keddieは述べています。「インターネットの普及で、問題が発生するとその影響は急速に広まることから、企業はこれまで以上に迅速な対応が必要になります」

「また、在庫レベルの最適化や需要と供給の一致精度のさらなる向上などの目的において、小売業者やフードサービス企業はテクノロジーの進化によってGS1-128バーコードからより多くの情報を得ることが可能となり、 数年前に比べて有利な立場にあります。つまり、GS1-128バーコードを採用しなければ、製造業はビジネスを継続できない状況になりつつあるのです」

 

 

GS1-128がもたらすメリットを詳しくご紹介するケーススタディをぜひお読みください

 

お客様の声

Bel Cheeses | GS1-128ラベリング

信頼性、使いやすさ、ソフトウェアの互換性...このようなメリットを活かして、Belはヨーロッパにある多くのチーズ生産工場でGS1-128バーコードを使用する新たなラベリングの標準を確立できました。

お客様の声

Monique Ranou | 緊密なパートナーシップ

パッケージ包装されたデリカテッセンと加工肉製品に対して確実にマーキングするため、Monique Ranouは歴史あるカンペールの工場でマーケム・イマージュのカスタマイズされたグローバルソリューションを採用しました。

お客様の声

Nutrition & Santé | 完璧を追求する

Nutrition & Santéではトレーサビリティのニーズが高まり、マーキングエラーのない製品の提供が必要になりました。Mark&Readシステムを備えたマーケム・イマージュのソリューションが、マーキングエラーのない製品の提供を実現しました。

お客様の声

Sabarot Wassner | 伝統と最新テクノロジーの融合

時間の節約、エラーリスクの削減、製品の明確な識別、そして技術的な信頼性の担保。Sabarotが確かな製品識別を目的として定めた要件は、このように厳しいものでした。
close
keyboard_arrow_up
Quick Access Tools